予測が難しい時の地震対策|観測機器を自宅に設置して緊急避難

作業員
このエントリーをはてなブックマークに追加

南海トラフの巨大災害

困る人

南海トラフの歴史

南海トラフでは歴史上100〜150年周期でM8クラスの巨大地震が発生しています。最も新しい地震は昭和南海地震(1946)で高知県や和歌山県を中心に大きな揺れと津波が到達しました。文献資料や過去の津波等の痕跡から繰り返し地震が発生しており、最古の記録は白鳳の頃のものがあります。最近だと、慶長、宝永、安政、昭和の地震がありました。また、発生する災害も東海沖から四国沖までが全て動くものと、東海沖と四国沖が少し間を空けて動くもの、さらに揺れは小さいのに津波は非常に大きいものなど、多様なハザードが発生します。今後も同様のハザードが発生し、大きな被害が発生すると予想されています。国や自治体は様々な項目の被害を予想し、次の巨大災害に備えています。

被害の特色

東日本大震災では地震発生から津波が沿岸部に到達するまで30分ぐらいは掛かりました。波源域がかなり沖合いだったからです。しかし、南海トラフの場合、潮岬には最短で3分程度で津波は到達すると予想されています。そのため、いかに早く避難できるかが求められています。そうするために、今地震の予想が防災対策として必要となってきています。地震を予想することは容易なことではありません。しかし、前兆など地震のメカニズムをもとにいろんな情報から予想ができるようにと研究が世界で進められているのです。もちろん、日本もこれから起こるとされている地震から多くの命を守るために調査が行われています。もし、この地震予想が実現すれば、地震の発生前に対策をすることができるため、すばやく行動でき被害を最小限に押させることも不可能ではなくなるでしょう。また、予想ができることをまつだけでなく、日ごろから防災意識を持ち対策を練っておくことも必要です。